• 1人のプレイヤー
  • PS5バージョン
    振動機能対応(DualSenseワイヤレスコントローラー)
  • 1人のプレイヤー
  • PS5バージョン
    振動機能対応(DualSenseワイヤレスコントローラー)

レーティング

世界のプレイヤーの評価

評価数は52、平均評価は5段階中の4.38です
52件の評価
星5個
星4個
星3個
星2個
評価1

70年代アメリカの空気感漂う『ドット絵』の世界で、『ゾンビ映画』のような分厚いドラマを『ターン制コマンドバトル』で楽しめる。

※注※本作は、ゲーム中ドット絵による血の演出があります。

◆物語◆
とある病院で目覚めた警察官のベン。
院内には人の気配が全く無く、得体の知れないうめき声が聞こえてくる。

なんとか脱出した街で人に声をかける。
だが振り替えったその顔は……

果たして仲間を集め、ゾンビに溢れた大陸から脱出することができるのか?
臨場感あふれるゾンビサバイバルストーリー

◆戦闘システム◆
画面に動き回るゾンビにぶつかると戦闘に突入する、『シンボルエンカウント』システムの『ターン制コマンドバトル』

奥行の概念のある戦闘システムとなり、
毎ターン、ジワジワとゾンビは近寄ってくる。

貴重な銃弾を使うべきか、リスクを冒して接近戦に持ち込むか。
その選択と決断で、ゾンビの脳天を撃ち抜こう!

◆ゾンビとドット◆
ゾンビでワクワクする要素をハイクオリティな『ドット絵』で描き切った、拘りに溢れた本作品。

生存者との出会いや、人間同士の対立、チェーンソーにショッピングモール。ゾンビ作品らしいシーンが動きの細かなドットで再現され、ゾンビ映画を一本見終えたかのような満足感を得られることだろう。

◆物資とサバイバル
生き延びるためには、物資の確保も重要なポイント。

壊れた車や倒れたゾンビから『ショットガンの弾薬』を回収したり、廃墟と化した薬局の棚から『血清』を獲得したりと、マップの探索が肝心だ。

『食料物資』はキャラクターの最大HPを上昇させるため、生存の大きな助けとなるだろう。

◆分かっていてもゾンビは怖い
ドット絵でのホラー演出も注目ポイントだ。

戦闘でのアクション要素や、切断要素などは『排除』された本作だが
・ドットによる血の表現
・倒れていると思っていたゾンビが……
・扉を開けるとそこには!?
といった、ドキッとする仕掛けは盛り込まれている。

寝る前にプレイするのは避けた方が賢明かもしれない。

◆Staff
企画・原案・監修 イシイジロウ
開発 Hit-Point

プラットフォーム:
PS4, PS5
発売日:
2023/6/26
メーカー:
KEMCO
ジャンル:
RPG
表示言語:
日本語
このゲームをPS5でプレイするには、システムソフトウェアを最新バージョンにアップデートしてください。このゲームはPS5でプレイできますが、PS4で利用できる機能の一部はPS5では利用できない場合があります。詳細については PlayStation.com/bc を参照してください。

このコンテンツは、アカウントに登録されている主なPS5(「コンテンツ共有とオフラインプレイ」設定)ではいつでも、その他のPS5の場合には同アカウントでログインした後に、ダウンロードしてプレイすることができます。

健康のためのご注意については次のURLをご参照ください:https://www.playstation.com/ja-jp/legal/health-warning/