CROSSOUT - 「黙示録の騎士:ペスティレンス」パック

EXNOA LLC
  • 1人のプレーヤー
  • 16人のネットワークプレーヤー

スタンダートパックとデラックスパックを同時購入しても、外装パーツとポートレートは重複しません。

※本コンテンツをご利用いただくには、別売りの製品版が必要です。また、最新版パッチ適用が必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。

※こちらの追加コンテンツは、ゲーム中で使用可能にする権利が含まれております。ご購入の履歴は「サービスリスト」で確認することができます。
※本アイテムを使用する権利は、PS4®本体をインターネットに接続し、“PSN”にサインインすることで適用されます。

内容の説明
ユニーク装甲車両「ペスティレンスマシン」
ユニーク火炎放射器「レメディ」(2個)
ユニークキャビン「ブライト」
ユニーク装飾品「トリックラー」(左と右)
ユニークポートレート「マリーナ・ポクロフスカヤ」別名「ペスティレンス」
ゲーム内コイン1500枚
「騎士」のユニークなバックグラウンドとロゴ
-外装パーツ「ペスティレンス」
-ユニークステッカーパック
-ユニークスプレー缶「ストレイン」
-使用可能なパーツ数を55まで増加
マリーナ・ポクロフスカヤは彼女自身のニックネームはあまり好きではない、黙示録の騎士として最悪な出来事思い出させ、長く燃え続けた事件を引き起こした引き金となったからだ。
ある昔、一部の人々はWaderkvarnのバンカーに閉じ込められたが、世界の終焉と人類の裏切りから生き残った。しかしそれはペスティレンスの物語ではない。他の騎士と同様、マリーナはギャングの設立にはある程度の役割を果たしたが、彼女の知識と知恵が役に立ったのは、全ての不幸、伝染病が実験場に広まってからだ。
薬はとうの昔に底をつきた。近隣の都市で発見された薬も、長くは持たなかった。病は瞬く間に広がり、パニックに陥った人々により、病はさらに広がった。病の蔓延は避けられなかった。ビクター・ピロスの命を救った、ある未熟な救急医に唯一残された救済策は…炎だった。

病は長い年月をかけて根絶された。灰の中から新たに命を授かった女騎士は新しい名前、ペスティレンスを授かった。今では、彼女はギャングたちに食料を与え、自分自身や他の者たちの傷を癒している。また、病がこの土地を再び飲み込む時、彼女の手に握られた火炎放射器が怯むことはないだろう。

発売日:
2019/9/18
メーカー:
EXNOA LLC
ジャンル:
アクション, アクション
PlayStation™Storeでお買い上げのコンテンツは、1つのPlayStation™Networkのアカウントで登録認証した複数の機器で利用できる場合がございますが、当社は複数の機器で利用できることについて一切の保証をするものではありません。詳細については最新の“Storeについて”をご確認ください。

健康のためのご注意については次のURLをご参照ください:https://www.playstation.com/ja-jp/legal/health-warning/